オーディオ・システムの音質を支配する要因の95%がケーブルにあります。バイタルサウンドはオーディオの全貌を捉えて、総ての難題を解決した夢のケーブルです!http://www.vitalsound.biz/
by vitalsound
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ひたすら

ブログがなかなか更新できなくて
申し訳ありません。

ただいま、
ひたすら
ケーブル作成に没頭しております。
[PR]
# by vitalsound | 2007-06-30 00:13

音の認識:音の中心核

音は中心から外に向かって拡散する。その音の中心部分を音の中心核とし
て認識する。音の中心核は適度な密度でしっとりと満たされていなければ
ならない。

ところが、オーディオの音の中心核は希薄であったり、農耕であったり、繊維
状(カサカサ)であったり、音の髭(音の歪みにより生じる)を持っていたりす
る。そうすると音楽の感情が失われる。これは音の重大欠陥である。

何故、このような欠陥音になるのか、原因を究明して解決しなければならな
い。音の中心核の最適調整はケーブル操作で可能である。
ケーブル操作で完全に解決できる。
[PR]
# by vitalsound | 2007-05-14 00:04

スピーカーの秘密

私が今使用しているスピーカーはとても素晴らしい。
これ以上に望むことは何もない。音と音楽を見事に奏でる。
アメリカ音楽はもとより、クラシック、ジャズ、フォーク、・・・等、
どんな音楽ジャンルも完璧に鳴らす。特別なスピーカーではない。
小箱にフルレンジ・ユニットを収めた何の変哲もないスピーカーである。
国産で内部のスピーカー・ユニットは極く当たり前の物である。
このスピーカーがバイタル・サウンドによって生き返る。
生演奏のように素晴らしい感動の音と音楽を創出する。

サイズは幅23cm、高36cm、奥16cmである。
1本の重さは片手の小指1本で軽々と持ち上げられるほど軽い。
価格は中古で左右ペア1000円のスピーカーである。
重要な特徴が二つある。これがスピーカーの秘密である。
①エンクロージャー(箱)内部に吸音材が無い。
②バックは適度に開放してある。

スピーカーは楽器のように響体(箱)を響かせなければならない。
スピーカーを楽器と想定してみる。
弦楽器のヴァイオリン、ビオラ、マンドリン、ギター、ウッドベース等、
管楽器のフルート、クラリネット、トランペット、サクソフォン等、
打楽器のドラム、太鼓等、また、ピアノ、クラヴサン(「チェンバロ)等、
いろいろな楽器がある。

どの楽器にも共通している重要な特徴が二つある。
例えば、ギターを想定する。6本の弦と響体に丸い開放部分がある。
6本の弦で美しい音楽をかき鳴らす。弦の振動音が響体を響かせる。
そのために、
①響体の内部に吸音材が入っていない。
②響体のある部分が開放してある。

多くのスピーカーのエンクロージャー(箱)内部に吸音材が入れてある。
低音のモカツキ、ブカツキを級数するためとされている。
しかしながら、低音だけを吸収する吸音材はない。
モカツキ低音と一緒にかなりの中音、そこそこの高音も吸音してしまう。
低音のミカツキ吸音の名の下に、音楽の美味しい所がそぎ落とされる。
響体の響きが減じる。ハーモニー(響き)が無くなる。

このことに気が付かなければならない。
バイタルの技が低音の分解能をクリアーする。
開放部分が音のコモリ(モカモカ)を無くす。
そして、元々不要である吸音材をいらない物とする。
そして、スピーカーが奏でる音と音楽を楽器のように響かせる。
[PR]
# by vitalsound | 2007-04-02 00:03

お知らせ

このところ、本業が多忙でご無沙汰しておりました。
私の本業は音楽とオーディオには無関係です。
引き続き、よろしくお願いします。
H19年4月22日(日)
[PR]
# by vitalsound | 2007-04-01 21:24

「音楽&オーディオ」を語る言葉

私が「音楽&オーディオ」を語る時、
自分の言葉で語る。
自分が体験をしたこと、自分が考えること、自分が思うこと、
自分が確信すること、自分がこうしたいこと、
自分がこうしてあげたいこと、自分が思う夢、
自分の成功談、自分の失敗談、等々・・・・、
あるがまま、そのままに語る。
自分のことを自分の言葉で語る。

私が「音楽&オーディオ」を語る時、
恥らいはない。偽言を言うこともない。つくろうこともない。
自分が分らないなら分らないと言う。
自分が迷っているなら迷っていると言う。
自分がそう思うなら、そう思うと言う。
自分がそう思わないなら、そう思わないと言う。
自分の推測・憶測は信憑性がない。
他人の言葉の言い写しはしない。

私が「音楽&オーディオ」を語る時、
人の事(ひとのこと)は語らない。
人の事を自分の言葉で語る内容は、自分なりの解釈である。
事実・真実は多面的で多様である。いろいろな見方、解釈がある。
事実とはギャップがある。読み手、聞き手に誤解を生む。
原意との差異、事実との差異が、誤解と疑念を生む。

私が「音楽&オーディオ」を語る時、
自分の経験、事実、に基づく言葉、バックに行動を伴う言葉、
確信と責任を持つ言葉、・・・・、それを自分の言葉で語る。
それは内容・程度の如何にかかわらず生きた言葉となる。
私の言葉が読む者と聞く者の心と魂に響くように語る。

私の言葉の受け止め方は、読む者と聞く者、それぞれの人に依存する。
私が拘束することは何もない、押し付けることも何一つない。
お互いに「音楽&オーディオ」への思いの自由と平等を享受しよう。
[PR]
# by vitalsound | 2007-04-01 20:54

音の認識:音の「密度」(音密度)

音の密度を認識する。音密度は音の中心核の密度で評価する。
密度が濃い音は重い音、密度が薄い音は軽い音である。

音密度は音楽の感情表現と密接に関係している。
丁度、生の音密度と同じになった時、演奏者の感情表現がピークに達する。

音密度の最適点は、人類が長年培ってきた音に対するDNAの感受性による
もので、個人差は少ない。誰にとっても、濃い音では駄目、薄い音でも駄目、
各人の好みに依存しない。音の密度は濃淡の最適点、即ち生の音密度に合
わせなければならない。

オーディオ・システムの音密度の過不足はスピーカー・ケ-ブルの操作で
最適音密度(濃淡の中間点)に調整することができる。
[PR]
# by vitalsound | 2007-03-31 23:39

自宅・自室のオーディオの完結

(1)
よくよく考えてみると、「自宅・自室のオーディオ・システムの音」が良く鳴らな 
いことには、オーディオを趣味でやっている意味がない。オーディオの勝負ど
ころは、「自宅・自室のシステムの音」がどうかである。「自宅・自室のシステ
ムの音」をトコトン追求しなければならない。「自宅・自室のオーディオ・シス
テム」であってこそ、日々、自分が好きな時に、愛聴盤の音楽を聴くことがで
きる。新ためて「自宅・自室のシステム」の音の重要さを認識しなければなら
ない。一徹のオーディオ・マンにとって「自宅・自室のシステムの音」がどうか
が総てである。

(2)
「他人のシステムの音」、「オーディオ・ショップの音」がどうだこうだと言った
ころでオーディオのラチはあかない。1000人のオーディオ・マンの音を聴か
せてもらっても、全国のオーディオ・ショップ1000店を行脚したところで、
オーディオのラチはあかない。音は二の次三の次とするオーデイオ仲間と
オーディオ談議に花を咲かせたところでオーディオのラチはあかない。
オーディオ書籍を何百冊、オーディオ雑誌を何百冊読んでオーディオ情報を
得ても、実験してみてもオーディオのラチはあかない。オーディオ理論をトコ
トン掘下げて、あれやこれやと理論展開したところでオーディオのラチはあ
かない。言葉巧みにオーディオ機器の性能を誉め讃えたところでオーディオ
のラチはあなかい。ビンテージとハイエンドのバトル論争を延々とやっても
オーディオのラチはあかない。メーカーの新製品に首を突っ込んでみても
オーディオのラチはあかない。

(3)
他人任せにできない。ヨシ、自分でやろう。そこで、自分でオーディオ機器の
買換え・並び替え・繋ぎ替えをトコトン繰返してもオーディオのラチはあかな
い。ありとあらゆるアクセサリーを試してもオーディオのラチはあかない。
インシュレーター、セッティング、ルーム・チューニングに血肉を注いでもオー
ディオのラチはあかない。音響技術の粋を尽くしてオーディオ・ルームを新築
してもオーディオのラチはあかない。オーディオ機器の改造・部品交換に明け
暮れてもオーディオのラチはあかない。真空管式だろうが、トランジスター式
だろうが、デジタル式であろうが、アンプを何百台自作してもオーディオの
ラチはあかない。ホーン式だろうとドーム式だろうとスピーカー創りに挑んで
もオーディオのラチはあかない。市販ケーブルを何百本何千本つなぎ換えて
もオーディオのラチはあかない。マルチチャンネル式にチャレンジしてもオー
ディオのラチはあかない。自称、一徹のオーデイオ・マンが「オーディオの
ラチ」などどこ吹く風、「堂々巡りの音イジリ」、「買換え・並び替え」を趣味とし
て楽しんでいる。本人にしてみれば幸せだ。それでいい。

(4)
オーディオというのは安易ではない。実に厄介な怪物だ。悪の妖怪変化の思
壺、罠にはまる。何をしても、生演奏のように生き生きした感動的な音(原音
再生)と音楽(原楽再生)は決して鳴らない。この事実を認識しない限りオー
デイオ機器の買換えの誘惑に惑わされるだろう。例え、買換えしたとしても決
してオーディオのラチはあかない。必ず新たな難題が次から次に生じる。
どこにも「オーディオの宝」は転がっていない。暗黒の迷路を果てなくさ迷い歩
くゴールなき闘いだ。

(5)
オーディオに勝利する最後の砦は「バイタルサウンド」だ。「虚音」を打ちのめ
す。バイタルサウンドが「自宅・自室のシステム」の「オーディオのラチ」を一揆
にあかす。難解なオーディオの謎を完璧に解き明かす。古今東西、私が開発
した「バイタルサウンド」だけが出来る技、他に方法はない。
「自宅・自室のシステム」で楽々と「原音再生」と「原楽再生」が実現する。
「自宅・自室のシステム」をそのままバイタル化(実音化)して、オーディオが
完結する。自宅・自室で夢のオーディオが現実となる。
[PR]
# by vitalsound | 2007-03-30 10:37

オーディオを制覇するオーディオ・マン

世界でおびただしい数のオーディオ装置がある。
その中にオーディオ装置の音に凝る多くのオーディオ・マンがいる。
その中でほんの一握りのオーディオ・マンがオーディオの頂点に上り詰める。

それは、オーディオ機器の選択と買い替え、その使いこなしに並々ならぬ
経験と努力を積み重ねた「オーディオの達人」ではない。

オーディオの頂点を極める一握りのオーディオ・マン、一体、誰だろう?
それは、ケーブルの真髄を極めたオーディオ・マンに限られえる。
オーディオを制覇するのは「ケーブルの達人」である。
[PR]
# by vitalsound | 2007-03-29 05:06

オーディオ要因の「音」への寄与率

オーディオ要因の寄与率は、「音を鳴らす寄与率」、「音を変える寄与率」、
「音を良くする寄与率」の場合によって異なる。
(1)音を鳴らすのは簡単である。
(2)音をいろいろ変えるのは容易である。
   通常のオーディオは、「虚音」の変化の中から、いい音を選ぶ。
   音をいろいろと変える「虚音」の音質レベルは知れている。
(3)音質を良くするのは難かしい。
   「虚音」から「実音」へと脱出しなければならない。

音質(音の質)を良くする(3)が真のオーディオの課題である。
音を良くする寄与率の95%を「ケーブル&電気」が握る。

//////////////////////////////////////////////////////////////////
(1)第一ステップ
音を鳴らすことへの寄与率(音の成立)
音が鳴ることへの寄与
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          (機能)     人体対応    寄与率
①CDディスク(音源信号)・・・・(外部情報)   等価
②CDプレイヤー(信号変換)・・・耳        等価
③スピーカー(信号変換)・・・・・骨格・筋肉    等価
④アンプ(信号増幅)・・・・・・・・・心臓・内臓   等価
⑤ケーブル(信号伝達)・・・・・・血管        等価
⑥電気(エネルギー供給)・・・・・血液       等価
⑦部屋(空間・囲い)、セッティング       

どれが欠けても機能しない。オーディオが成り立たない。
それぞれが、重要な独自機能を果たしている。
寄与率は等価である。

////////////////////////////////////////////////////////////////
(2)第二ステップ
音を変えることへの寄与率 (音の変化)
音が変化することへの寄与率
「虚音」が変化することへの寄与率
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          (機能)    人体対応     寄与率
①CDディスク(音源信号)・・・・(外部情報) 10~20%
②CDプレイヤー(信号変換)・・・耳       5~10%
③スピーカー(信号変換)・・・・・骨格・筋肉  30~60%(主に外面変化)
④アンプ(信号増幅)・・・・・・・・・心臓・内臓  30~50%(主に内面変化) 
⑤ケーブル(信号伝達)・・・・・・血管      5~10%(通常ケーブル)
⑥電気(エネルギー供給)・・・・・血液     5~10%(通常電気)
⑦部屋(空間・囲い)、セッティング       10~30%

ケースbyケースで、組合せ合計100%とする各々の要因の寄与率となる。

///////////////////////////////////////////////////////////////////
(3)第三ステップ
音を良くすることへの寄与率(音の改質)
「虚音」を「実音」にする寄与率
「原音再生」・「原楽再生」への寄与率
「生き生きした生演奏のような音」にすることへの寄与率
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          (機能)    人体対応
⑤ケーブル&⑥電気を合わせた寄与率 95%(バイタルによる寄与率)
⑤ケーブル(信号伝達)・・・・・・・血管
⑥電気(エネルギー供給)・・・・・血液

以下を合わせた寄与率 5%
アンプ:2% スピーカー:1% 他①②⑦合計:2%
①CDディスク(音源信号)・・・・(外部情報)
②CDプレイヤー(信号変換)・・・耳
③スピーカー(信号変換)・・・・・骨格・・・・・・・・1%
④アンプ(信号増幅)・・・・・・・・心臓・内臓・・・・2%
⑦部屋(空間・囲い)、セッティング

ケーブルと電気が「音を良くする」ための支配的要因である。
////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
# by vitalsound | 2007-03-28 00:51

オーディオの幸せな終結:Happy Ending Of Audio

自分のオーディオの過去、現在、未来、を考える。
オーディオは音楽を聴く道具であることを忘れない。
①オーディオの過去  過去の経験の整理
②オーディオの現在  現状の把握
③オーディオの将来  将来構想の立案

(1)現状に満足する場合
オーディオは終了する。現状で終えるのは幸福である。
~ Happy Ending Of Audio ~ 

(2)将来に向けて、更なる向上を目指す場合
Starting Point に立つ。
情報収集、何をやるか決めて、実行する。
どのレベルを目指すか、それが達成目標である。
世界最高峰を目指すと、バイタルサウンドに至る。
世界最高峰のオーディオの道具は、感動の音と音楽を鳴らす。
オーディオを仕上げて、悠々自適のミュージック・ライフを送る。
「Happy Life Of  Music」
comes from
「Happy Ending Of Audio」
by VITAL SOUND
[PR]
# by vitalsound | 2007-03-27 00:17